FC2ブログ

2009-11

香りの良い箱入りガニ~???

11月上旬にカニが解禁になり、週末には、観光客がどっとお出でに成ります。

ご存じですか?近江町市場内で販売されいるカニは、『加能ガニと、呼ばれています。

カニ1

以前までは、ズワイガニと呼ばれていました。

お隣の福井では越前ガニ

京都府や鳥取などでは松葉カニと、呼ばれていますね。


石川県でもブランド化の動きで、加賀のと能登のの字を取り
加能ガニ』と成ったようです。

ti

また、金沢では、メスのズワイガニ香箱(こうばこ)ガニの方が
よく食されてます。

カニ3
(写真協力:新力水産 近江町市場内)

築地の市場でもお目にかからないらしく、
「香箱ガニ置いてあるお店解ります?」
「香箱ガニってどんなカニですか?」と聞かれることもしばしば。
もうすぐ、12月。しばらくすれば、寒ブリが並び、冬の味覚が勢揃いです。

冬の装い

街のイルミネーションも冬支度。
クリスマスシーズンが近づいてますね。
近江町市場店も、少しずつ冬の装いに。通りを眺められるカウンター席のウィンドウにも、
クリスマスのデコレーションシールを貼りました。

シール1


店舗の名前に似付かわないメルヘンチックなモノにしちゃいました。(^_^;)

シール2


通りから入る一枚ドアガラスにもペタッ。

シール3


曇り空で、暗い日には、よくドアが開いてるのだと勘違いして、
入ろうとするお客様が結構発生します。
ちょっとでも少なくなればいいので…。

夕闇の頃には見栄えがしますよ。(^o^)

近江町メモリー

11月も半分が終わってしまいました。金沢特有の荒れた天気が続いています。
4月下旬に近江町市場がリニューアルし、近江町いちば館が出来て、7ヶ月経ちました。

早いもんです。

近江町いちば館地下フロアに作られたギャラリーには、近江町市場が、
リニューアルしていく様子を集めたパネル展が開催中です。

パネル3


以前の通りの様子や解体中の店舗、

パネル2


また、仮設店舗での営業の様子などがご覧になれます。

パネル1



入場無料ご覧になれます
お買い物がてら、ご覧くださいね。(^o^)

そろそろ冬支度

暖かい日が続くかと思いきや、急に寒くなる。今日この頃です。
だんだんと、空も冬支度。そんな中近くの料理旅館の庭木に今年も、雪つり が施されていました。
朝9時頃から準備が始まり、真ん中の支え柱を立てていました。

『雪つり』とは、冬季の間に付着したの重みで、樹木の枝が折れないように、

を放射状に張って枝を保持し樹を守る手法です。

雪吊り1


柱の先端から各枝へと放射状に縄を張ることからりんご吊りと呼ばれる地方もあります。

これは、明治以降に日本で西洋リンゴが栽培されるように成った頃に、リンゴの重さで枝が折れないように
施した手法が由来だとか。

雪吊り2

雪つりにも、1本の樹に柱を立てて枝を縛る男つり

高い樹と低い樹をまとめて吊る『絞りつり』などがあります。 
雪吊り3

作業は夕方までかかっていました。お疲れ様ですm(_ _)m


モデルチェンジ

11月7日は、地元で捕れたカニの解禁日でした。朝から、たくさんの方が、蟹を買いにお出でてました。
さて、前日の夕方に、お店のテントを張り替える工事をしていました。
先月に来た台風の影響で、棄損していたんですが、ようやくテントが出来て、取り付けしていました。

まず、既存のテントを外してます。
テント1
テント生地のついてる軸ごと外し、新しいモノを付け替えてます。
テント2
横のアームに取り付けるため、一旦すべてたれ下げてます。
テント3
小一時間くらいで、取り付け完了。
テント4
また、店内のディスプレイテントも、製品が出来てきていたので、
一緒に取り付けて頂きました。
テント5
寒くなり、暖かみのある色合いで、目立ちます
ちょぴりきれいに成った、近江町市場店にお越しください(^o^)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

金澤屋珈琲店 

Author:金澤屋珈琲店 

コーヒー専門店金澤屋珈琲店は、石川県金沢市の金沢城公園の黒門口にネルドリップ専門の「本店」、金沢近江町市場内にはセルフスタイルの「近江町市場店」があります。

カテゴリ

近江町市場店・店長日記 (770)
コーヒー豆 (22)
アレンジシュー (8)
近江町市場イベント (17)
販売商品 (10)
アレンジメニュー (2)

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示